ハンコに適したインクで美しく捺印しよう!油性スタンプのオススメも紹介!

印鑑39

ハンコを捺す時に、印面が溶けたような状態になっていて使えなくなってしまった経験がある人もいるでしょう。劣化したハンコは、素材にゴムを使ったものだったかもしれません。

ハンコは、印面の素材によって適したインクを使用しなければ、寿命を縮めてしまうと知っておきましょう。このコラムでは、ハンコの劣化する原因や朱肉とスタンプ台の違いのほか、おすすめの油性スタンプ台などについて紹介します。

ハンコを実印から電子印鑑へ変換!メリットや注意点、作り方を詳しく解説

朱肉とスタンプ台は正しく使おう

朱肉やスタンプはハンコを捺す時に必要なアイテムですが、それぞれ使われているインクの種類が異なります。朱肉を使うのは印鑑、スタンプ台を使うのはゴム印と言うのが一般的ですが、インクがなくなってしまった時には、朱肉とスタンプ台をそれぞれ代用しているケースも少なくはないでしょう。

しかし、大切な契約書や銀行取引などで捺印するケースも多い印鑑の場合では、スタンプ台を使用すると取引や契約に影響が出る場合があります。なぜなら、スタンプ台のインクは印鑑の印面にインクがつきにくい性質があり、印影にかすれが生じる可能性があるからです。

印鑑に使われている材質は、象牙や水牛の角など、油性の朱肉になじみやすい傾向があるため、朱肉を使えば印影が美しくなります。印鑑で捺印するのが大切な場面ではないケースでは、スタンプ台を使っても問題はないでしょうが、印鑑を確実に美しく捺す必要がある時には朱肉を使ってください。

また、ゴム印に使われるスタンプ台は、インクに油性と水性の両方があると知っておきましょう。紙に捺すだけでなく、ガラスや金属、陶器などの特殊な素材へ押せるものなど、スタンプ台には豊富な種類があるのが大きなメリットです。

しかし、ゴム印は適したインクの種類を選択しなければ、印面を傷めてしまうので注意が必要になります。

普通のゴム印は油性インクに弱い

コピー用紙や普通紙などに捺す一般的なゴム印は、水性インクが使われたスタンプ台を使います。ゴム印の劣化する原因は、使用頻度にあるだとか、取り扱いが乱暴だとか言われますが、合わないスタンプ台を使用したために、印面が摩耗してしまうケースは少なくありません。

水性インクが適したゴム印に、油性インクのスタンプ台を長期間使い続けると、ゴム印の印面が溶けて見え、印影も美しく見えなくなってしまうでしょう。

原因はゴムに油が付着すると溶けてしまう性質があるからです。油性のスタンプ台だけでなく、ひまし油や松脂など、さまざまな原材料が混ざっている朱肉も油性インクでできているため、ゴム印での使用を控えてください。

自分で手作りする消しゴムハンコも、油性のスタンプ台や朱肉の使用を避けた方が作品が長持ちします。とは言え、1回ぐらい油性のスタンプ台を使用したからと言って、ただちに印面が劣化する訳ではありません。どうしても耐油性の低いゴム印で油性インクを使いたい場合は、使用後すぐに印面へ付着したインクを拭き取ることで、印面が溶け出すのを防げるでしょう。

油性のスタンプ台を使うなら耐油性のゴム印を

油性のスタンプ台には、インクが早めに乾燥しやすく、印影が長持ちしやすいと言うメリットがあります。水性のスタンプ台に使われているインクでは、紙以外のマテリアルに捺すと、擦っただけで印影が落ちてしまうケースがある一方、油性の場合では皮革製品や金属、ガラスなどの特殊素材に滲まず捺せる種類があります。

油性のスタンプ台を使用するなら、ゴム印の劣化を防ぐためにも、耐油性のある黒ゴムが素材に使われたゴム印を使用するのが良いでしょう。黒ゴムは耐油性が高いので、油分が多く含まれる朱肉での使用も可能です。加えて、耐油性のゴム印は、一般的な水性インク向けのゴム印と異なり、耐久性にも優れていると言われます。

水性のスタンプ台でも問題なく使用できるため、捺印する回数が多いケースにも適したアイテムです。

おススメ油性スタンプ台1.多目的用

油性インクのスタンプ台で素材を選ばず、インクを吸収しにくい場所にも捺しやすいのが、ハンコや文房具の大手製造会社シャチハタからリリースされている強着スタンプ台タート・多目的用です。

コート紙やアート紙などの紙素材のほか、金属や木材、ガラスやビニールなど、多くの素材に捺せます。中乾燥性で使いやすく、さまざまな分野で採用されている5色展開のスタンプ台です。プリンター部品のロット番号表示や、自動車部品の識別など、製造業などで広く使われています。

印影がくっきりして見えるのが大きな特徴のエーアンドジー 万能スタンプ台は、黒・赤・藍色の3色展開で、ガラスや金属、トレーシングペーパーなどのインク非吸収面へ捺印できる多目的用油性スタンプ台です。蒸発乾燥型の油性染料インキを使用しているため、ケースにパッキンを採用し、密閉できる仕様になっています。

名前をさまざまな素材に捺印しやすいのが、まもるくんのお名前スタンプ用凸型パッド油性スタンプ台です。紙や布、皮革製品など、文房具のほか、学習で使われる教材や鞄などにフルネームを捺印しやすい形状をしています。

洗濯しても印影が落ちにくく、大きめのゴム印でも取り扱いがしやすいです。

おススメ油性スタンプ台2.金属用

シャチハタ強着スタンプ台タート・金属用は、印影の耐久性が高く、水がかかっても落ちにくいのが大きな特徴です。鉄や真鍮などの金属類や金属メッキ製品を中心に、ガラスや陶磁器のほか、レンガや石などの素材にも使用可能です。

ただし、陶器やガラスに捺印した場合の耐久性・耐水性は金属素材に捺印した場合に比較すると、やや弱くなる傾向があります。エアコンの金属部品を識別する際や、航空機部品の検査合格印などに使用されている製品です。

おススメ油性スタンプ台3.プラスチック用

樹脂製品への捺印で滲みにくく、印影が美しくなるのがシャチハタ強着スタンプ台タート・プラスチック用です。セロハンやアクリル製品のほか、発泡スチロールやゴム製品などで幅広く使用できます。電子部品の基盤にマークを捺したり、食料品製造業でプラスチック容器の識別に使われたりしている製品です。

インクのカラー展開は黒一色ですが、フタの開閉がしやすく、インクの揮発を抑制するロック式のケースを採用しているので使いやすさがあります。

油性のスタンプ台には耐油性のあるゴム印がベスト

ハンコには印鑑やゴム印があり、それぞれ適したインクを使用すると美しい印影になりやすく、ハンコの劣化も防げます。特にゴム印は、水性と油性インクの違いで、印面が溶けてしまう場合もあるので、油性スタンプ台には耐油性の高いゴム印を使うようにしましょう。

油性インクのスタンプ台は、さまざまな素材に捺印できる種類もあり、一般から企業まで幅広いシーンで活用されています。