ハンコを買うなら、使いまわしの効く連結式ゴム印がおすすめ

印鑑25

事務作業に欠かせないハンコですが、必要に応じて次々に買い足しているうちに、数が増え過ぎて困っているという人はいませんか。数字やアルファベット1文字ずつのハンコを連結して使える連結式ゴム印なら、その時々のニーズに応じた使い方ができて便利です。

収納場所も少なくて済み、整理のしやすい連結式ゴム印についてご紹介しましょう。

ハンコを実印から電子印鑑へ変換!メリットや注意点、作り方を詳しく解説

連結式のハンコとは?

連結式のハンコは、エンドレススタンプとも呼ばれ、文字や記号のハンコを複数個連結して捺印することができるものです。どのメーカーの製品も、数字とアルファベットのハンコが中心で、コンマやハイフンといった記号のハンコもあります。

数字と組み合わせて使うのに便利な郵便番号や円マークなどのハンコを販売しているメーカーもあって、価格表示や年月日の記録のほか、製品番号の管理など様々なシーンで活用できます。オフィスでのニーズが高い商品ですが、家計簿や日記を付けたり、体重や歩数の記録に使ったり、と工夫次第で家庭でも連結式のハンコが活用できる場が見つかることでしょう。

ハンコは、文字サイズ、及び文字仕様にバリエーションがみられます。文字サイズは6~7種類から、文字仕様は明朝体とゴシック体から選べるメーカーが多いので、予め文字サイズや文字仕様を十分に考えた上で購入するようにして下さい。

ハンコを押すべき箇所に対して、極端に文字が大き過ぎたり小さ過ぎたりすることがないように、注意することが大切です。

連結式のハンコの販売方法

連結式のハンコは、セット売りの商品と単品売りの商品があります。まず最初にセット商品を揃えて、紛失や破損が生じた際には単品で補充するのがおすすめです。セット商品の場合には、予めケースに収納されて販売されているものが主流です。

ハンコケースに関しても、別売りをしているメーカーが多いので、破損や汚れが気になった時には買い替えることで長く快適に使えます。ハンコの取扱店としては、文具店や判子専門店が挙げられます。実店舗で取り扱っている商品数は限られているため、品揃えの豊富さという観点からは、ネットショップがおすすめです。

オフィスで使用するなら、アスクルやカウネットを利用するとよいでしょう。

シャチハタ 「柄付ゴム印連結式」

では、実際に販売されている連結式のハンコにはどのようなメーカーの製品があるのでしょうか。まず最初に紹介するのが、ネーム印で有名なシャチハタが販売している「柄付ゴム印 連結式」スタンプです。シャチハタの「柄付ゴム印 連結式」を購入する際には、ハンコヤドットコムが手掛けるシャチハタ通販専門店のシャチハタ館を利用すると便利です。

文字サイズに関しては初号及び0号から5号までの7サイズ、文字仕様は明朝体とゴシック体があります。数字のセットには、円マーク(¥)、番号(No.)、ハイフン(‐)、コンマ(,)、及び1/2表示のハンコも付いています。

使用頻度が高い0のハンコに関しては、3本入っているところも便利です。上部が透明のプラスチックケースに入っているので、収納時にもハンコが見やすく、快適に使いこなせます。この商品の特長としては、縦にも横にも連結が可能、サイズの異なるハンコも連結可能という点が挙げられます。

最も目に留めてもらいたい数字を大きめのハンコで、注意書きや但し書きを小さめのハンコで押すといった工夫をするとよいでしょう。

コクヨ「エンドレススタンプ」

印鑑32

つづいて、大手文具メーカーのコクヨが販売する「エンドレススタンプ」をご紹介します。アルファベットと数字のハンコがあり、文字サイズはいずれも特大号、初号、及び1~5号までの7サイズが用意されています。文字仕様は明朝体のみです。

コクヨの「エンドレススタンプ」は、サイズ違いのハンコを連結させることができるので、工夫次第で使い方の幅が広がります。また、はんこの印面が特殊合成ゴムで作られていて、くっきりとしたシャープな印字ができます。

インクの含浸性が高いため、1回1回スタンプ台でインクを付ける必要がなく、数回連続して捺印できるところも便利です。使用するスタンプ台に関しては、油性顔料の多用途インク以外を使用することが推奨されています。

コクヨの「エンドレススタンプ」の特筆すべき点としては、環境にやさしい商品であるという点も挙げられます。部材の一部に再生材料が使われているだけでなく、再資源化のできる材料を取り出しやすく設計されているのです。

身近なところから始められるエコを心掛けている人におすすめの商品です。

ハンコに適したインクで美しく捺印しよう!油性スタンプのオススメも紹介!

サンビー「エンドレススタンプ」

最後に、サンビーの「エンドレススタンプ」をご紹介しましょう。サンビーの「エンドレススタンプ」の特長としては、まずラインナップの豊富さが挙げられます。アルファベットや数字だけでなく、ひらがなやカタカナのハンコも販売しているので、連結式スタンプの活用の場が広がります。

記号セットも充実しています。例えば、記号セットBには、年・月・日、時・分といった日時に関する表記を補助するスタンプや、曜日のスタンプが入っています。郵便番号や電話マークのスタンプも入っていて、オフィスのみならず、家庭でも使いやすい充実したセット内容です。

文字や数字のセットに加えて、記号セットを購入すると、連結式スタンプの可能性の奥深さに触れることができるでしょう。文字仕様は明朝体とゴシック体の2種類で、文字サイズは特大号、初号、及び0~6号までの最大8サイズがあります。

文字仕様やサイズによって、0~6号までの6サイズを販売している商品と、0~6号に特大号と初号を加えた8サイズを販売しているものがありますので注意して下さい。販売方法については、セット売りと単品売りのどちらも用意されています。

また、ケースの種類の豊富さや機能性の高さも、サンビーの「エンドレススタンプ」の大きな魅力です。格子仕切りが付いたハンコが倒れにくい構造のケースは、上部がクリアなプラスチック製で綺麗にハンコを収納可能です。

15本、30本、50本、と収納本数を3タイプが用意されているので、机上のスペースに合わせてケースサイズを選ぶことができます。

連結式のハンコを使いこなそう

連結式のハンコの特徴や、市販の人気商品をご紹介しましたが、いかがでしたか。

使い方がシンプルで応用の幅が広い連結式のハンコは、価格が手頃なところも魅力です。場所を取らず、机上や引き出しの中にすっきり収納できるスグレモノの連結式のハンコを使う機会を増やし、美しく見やすい書類作成を実現しましょう。

オフィスに限らず、家庭でもぜひ活用して下さい。