和柄のはんこの魅力とは?!自分だけのはんこを楽しもう!

印鑑20

普段、書類や手続きの時に何気なく押しているはんこ。実は、はんこには様々な種類があるのをご存知でしょうか。自分の顔にもなってくれるはんこだからこそ、しっかりこだわって選んでおきたいものです。

今回は、はんこに使われる材質や、和柄のはんこについて詳しくお伝えしていきます。

はんこを検討している人や、興味のある人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

送料無料のサービスがあるおすすめな「はんこ」の通販サイトを紹介

はんこに使われる材質の種類はこんなにも

はんこに使われる材質には、様々な種類のものがあります。その中で最もよく使われているものが、木材です。手に触れた時の肌触りの良さや、ほどよい温もりが感じられるのが特徴です。ナチュラルな雰囲気の薩摩本柘や、深みのある色目を持ち、高級感が感じられるアグニや白檀、そして、耐久力に優れている黒檀などが使われています。

その他にも、オノオレカンバや楓、屋久杉など多種多様な樹種が用いられており、バリエーションがとても豊富です。価格は、樹種によってピンキリです。また、水牛の角を使ったはんこもあります。角で作られたはんこは、高級感や重厚感が感じられます。

透明感や美しい色を持つだけでなく、耐久性が高いこともあり、実印として用いられることが多くなっています。その他には、チタンや象牙、琥珀などを使って作られたはんこもあります。チタン素材のはんこは、スタイリッシュな印象となり、はんこにデザイン性を求める人から注目を集めています。

はんこという伝統的なものにモダンさが加わり、シャープな印象を与えることができるのです。デザイン性だけでなく、さびにくく耐久性も抜群であることも、人気の要因のひとつとなっています。象牙は希少性が高く、印材の中でも最高級品とされています。

琥珀はその透明感のある色合いや、優美で独特な模様が特徴で、古くから重宝されている素材です。

はんこには樹脂製のものもある

はんこに使われる材質には、樹脂もあります。アクリルやラクト、ポリエステルなどを使って作られています。樹脂は、着色をしたり加工を施したりすることが簡単にできる素材のため、ポップなものや個性的なものなど、様々なデザインのものを作ることができます。

カラフルなものやグラデーションがかかっているものだけでなく、キャラクターの柄や和柄など、とてもバリエーションが豊富なため、たくさんの中から自分が気に入ったものを選ぶことができます。

はんこが持っている、かしこまったイメージを払拭したい人や、人とは違ったものを持ちたい人にもおすすめです。樹脂でできたはんこの価格帯はとてもリーズナブルなため、気軽に手に入れやすいというメリットもあります。

樹脂のはんこは、天然の印材と比べるとお手入れが簡単ですが、キズに対して弱いという特徴も持ち合わせているため、取り扱いには注意も必要です。

保存する際には専用のケースに収納し、丁寧に扱うことが求められます。そして、汚れを拭き取りたい時には、柔らかい布を使うようにします。また、樹脂製のはんこは経年劣化などによる変形が生じる場合もあるため、実印としてではなく、認印として使う場合に向いています。

和柄のはんこで伝統とモダンの融合を楽しむ

はんこ自体、日本に古くからあるもので伝統を感じさせるものですが、そのデザインはどれもとてもシンプルで素朴なものです。そこに、色鮮やかな和柄を取り込むことで、伝統を感じさせつつも、モダンさや新しさが感じられるようになるのです。

和柄をモチーフとしたはんこの素材には樹脂が使われるため、仕上がった時には少し透明感が加わってきます。そのためあまり重々しくならず、軽やかな印象のはんことなります。他の人とは違うオリジナリティを出したい時に最適なデザインと言えるでしょう。

また、あまりにポップなデザインのものや、キャラクターなどの絵が入ったものだと、すぐに飽きてしまわないか心配という人や、大人っぽい雰囲気のはんこがいいなと感じる人にもおすすめです。また、和柄は日本だけでなく、海外の人からも人気のデザインです。

海外の人へのプレゼントとしても最適なデザインと言えるでしょう。

和柄のはんこには様々な種類がある

和柄のはんこと言っても、その柄には様々なバリエーションがあります。可愛らしい雰囲気のものが好みであれば、金魚や桜の花などをモチーフにした柄のはんこがおすすめです。少し大人っぽい雰囲気にしたい場合は、着物の柄をモチーフにしたものを選んだり、ネイビーやパープルなどのような深みのある色合いや、落ち着いた色味のものがおすすめです。

様々なテイストの中から、好みにあったものを選ぶことができるでしょう。そして、実は、和柄のデザインにはそれぞれ意味が込められています。例えば、桜には「物事の始まり」、唐草模様には「繁栄」、波模様には「平穏」といった意味が含まれています。

その意味合いも含めてデザインを選んでみることで、はんこに対する愛着がグンと増していくかもしれません。和柄のはんこには華やかなデザインのものが多いため、女性から好まれる傾向がありますが、中には男性におすすめなデザインのものもあります。

ゴールドやブラック、ネイビーなどを基調とした色味のものや、シンプルなデザインのものを選ぶことで、シックな印象になり、男性が持っていても違和感が出ないようになるのです。

花のデザインを使ったはんこを活用

はんこケースを和柄にするという方法も

「はんこ自体は今持っているものをこれからも使って行きたい。」という人や、「はんこは持っているけど、はんこケースは持っていないな。」という人は、和柄のはんこケースを取り入れてみてはいかがでしょうか。好みの柄のはんこケースを使うことで、無機質になりがちな雰囲気を一新し、華やかな雰囲気にすることができます。

はんこは、使う時だけ取り出して、それ以外の時はケースにしまっておくことが多いですよね。つまり、はんこ自体よりも、はんこケースを目にする時間の方が長くなるのです。はんこケースをこだわることで、気持ちもグッと引き締まり、特別感を感じられるようにもなるでしょう。

また、専用のはんこケースに入れておくことで、はんこ自体の破損や劣化を防ぐこともできるようになります。

はんこと和柄という組み合わせ

普段何気なく使っているはんこに、少しオリジナリティを加えてみてはいかがでしょうか。和柄は、日本の文化を損なうことなく、オリジナリティを出すためにピッタリなデザインです。様々なデザインのものの中から、どれにしようか迷うのも楽しいですよね。

お気に入りのはんこが見つかれば、はんこを押す作業も楽しくなるのではないでしょうか。